40代の妊娠確率と流産確率

40代の妊娠確率と流産確率はかなり良くないものです。

近年は晩婚化の影響で、出産年齢も自然とかなり上がってきてしまっています。そのため初産が30代半ばくらいという人も珍しくないのではないでしょうか。

昔は20代半ばくらいで妊娠して出産するという女性が多かったものですが、現在は20代半ばくらいでの出産はむしろ若いとさえ思うようになってきていますよね。

ただ自然妊娠の確率を見て見ると、30歳くらいまでは30パーセントくらいなのですが、35歳になってくると20パーセントを下回るくらいに、一気に可能性が低くなってしまいます。

さらに40歳になってくると5パーセントくらいになって、45歳では1パーセントとかなり絶望的な状況になります。

35歳になると高齢出産と言われるようになりますが、35歳から急に妊娠確率が急落するので、そういった意味でもこの年齢が妊娠についての一つの分岐点になるのは間違いないと思います。

ちなみに流産発生確率も年齢によって違ってきます。30歳くらいまでは10パーセントくらいですが、35歳になると25パーセントに一気に上昇します。

また40歳になると40パーセントになり、45歳になると50パーセントに急上昇します。

こうして見ると年齢による出産可能性はかなり重要だと言うことがわかるのではないでしょうか。債務整理オススメ比較