寝不足が薄毛になる原因

寝不足が薄毛になる原因だということをあまり意識してない人は多いのではないでしょうか。

仕事で寝不足になっていたり、学校の課題で寝不足になっていたり、バイトで寝不足になっていたり、現代人はかなり寝不足で悩んでいる人は多いです。

しかし実際にはかなり睡眠は大事なもので、それを自覚してない人が多いです。

睡眠中は脳が休まり、体の修復を行います。髪の毛に関しても寝ている間に修復されたりしています。

ただこの体のメンテナンスは人間の生きていくうえで重要な臓器や脳から修復が始まり、髪の毛はかなり最後の方になります。

つまり寝不足だと髪の毛の修復が間に合わないと言うことになりかねないということです。

睡眠不足になると髪の毛や爪への栄養が流れにくくなってしまうことがあるので、寝不足になると薄毛になりやすくなってしまうのです。

ちなみに髪の毛が一番成長する時間は22時〜26時だとされています。そのためできればこれくらの時間は寝ているようにするといいと思います。

この時間帯は脳の副交感神経が最も活発に働いて成長ホルモンがかなり活発に出るようになります。

また寝る歳にはスマホやカフェインなどを摂取せずにゆっくりと熟睡できるような環境を作ることも薄毛改善に繋がってきます。即効性のある精力剤比較