債務整理するとカードが作れないのは本当?

債務整理を実行した消費者金融会社やクレジットカード会社のカードは使用することができないです。再度クレジットカードを作るのに加えて、キャッシングをすることも拒否されるというのは理解しておきましょう。

まあ、しかたがないですよね。借金を減らされたり、踏み倒されたりするのに、そういった人たちにお金を貸せないと思うのは当然のことだと思います。

もし逆の立場なら、お金を貸したのに踏み倒されたら次は貸さないと考えるのは当然のことだと思います。

債務整理をするとこういった金融会社の信用情報への登録されてしまうので、他の金融機関でのクレジットカードの発行も難しくなります。

こういった債務整理のデメリットについては、どこの法律事務所に債務整理を依頼しても共通して起こることなので、こういったデメリットなくして債務整理を行う方法はないです。

とは言っても、借金返済で頭を悩ませている場合は、債務整理を実施しますと、借金が減額されますので、返済のストレスも軽くなります。

自分ひとりで悩むことなく、弁護士などに頼むと解決できると思います。

最近では無料で弁護士に債務整理相談できるところもあるので、そういった所を利用するようにするといいのではないでしょうか。薄毛改善